に投稿

脱毛クリニックが提供している医療脱毛の二つのデメリットについて

医療脱毛のデメリット

脱毛効果が高いとして大人気な脱毛方法が脱毛クリニックが提供している“医療脱毛”です。
医師が在中しているために強力な脱毛マシンによる脱毛を安心安全に受けられる医療脱毛ですが、そんな医療脱毛にも以下のように二つのデメリットがあります。

  • 痛みが強い
  • 日焼け肌や色黒肌だと脱毛できない

痛みが強い

医療脱毛のデメリットの一つが、脱毛の痛みが強いというものです。
医療脱毛は脱毛サロンなどと違って毛根を破壊できる強力なエネルギーを照射するレーザー脱毛を行います。
このため、肌に与えるダメージが大きくなるので痛みが強くなります。

日焼け肌や色黒肌だと脱毛できない

レーザー脱毛はメラニンに敏感に反応して熱を加えるという仕組みになっています。
このため、メラニン色素が多い日焼け肌や色黒肌だと肌に与えるダメージが大きくなりすぎるので脱毛を断られてしまいます。

デメリットを緩和した脱毛マシン

近年、脱毛マシンの改良が進んでいます。
これによって、効果は高いままほとんど痛みを感じないレベルにまで下げた脱毛マシンや、ある程度の日焼け肌や色黒肌でも脱毛できる最新脱毛マシンも登場しています。
脱毛クリニックによっては、最新脱毛クリニックを導入しているので要チェックです!

関連する記事